店舗紹介WEBサイト「サロンオーナー」利用規約

  • サービス内容
    ・株式会社ISACC(LMS本部)(以下「LMS」という)が提供するセラピストオーナーと施術を受ける消費者とをマッチングするWEBサイト「セラピストオーナー」に、掲載を希望するLMS会員様(以下「パートナー」という)および、LMSが認可したサロンオーナー(以下「パートナー」という)のWEBサイトの1部、または追加記事、画像を掲載する事業者向け美容サロン開業支援サービスの一つ(以下「本サービス」という)です。業務委託契約となります。但し、本規約と異なる事項を定めた場合は、その部分について仕様書(書面)を優先します。
    ・本サービス利用には、「LMS会員」登録と、利用したい店舗での月1万円以上の固定利用プランへ申込が必要です。
    ・本サービスにより集客した消費者(以下「お客様」という)は、LMS店舗のみで対応するものとします。
    ・本サービス利用には、本サービスの雰囲気を壊さないことが原則となります。(判断はLMS判断となります。)
    ・本サービスの各サポートは、売上や利益を保証するものではありません。利用者自身の全責任のもと利用ください。
  • LMSが請負う業務内容
    ・パートナーがLMSに提供する業務は次の通りとします。
    ・パートナーから提供されるホームページサイトのテキスト原稿、画像等のデータと、弊社サイトのデザイン・レイアウトデータ、およびスクリプト等と組み合わせて、WEBサイトを制作すること。
    ・データ損失の保証は一切ありません。また、いかなる直接損害、いかなる間接損害についても賠償責任を負わないものとします。さらに、LMSは、(i) 逸失利益(実際の利益か見込み利益かを問いません。)、(ii)のれんの 喪失、または(iii)データの喪失もしくはデータの復旧費用について、直接・間接を問わず、賠償責任を負わないものとします。
    ・LMSは、自己の裁量により、パートナー情報の掲載期間の時期、掲載場所、掲載内容を決定するものとします。
    ・更新・機能追加は、パートナーからの提案をもとに作成するが、内容により時間を要する場合や要望に添えない場合があります。
    ・ドメイン代・サーバー代はLMS負担とする。
    ・LMSの提供するデータ・ファイル以外の提供をパートナーが希望する場合、データ提供にかかる費用をパートナー負担の上、LMSがデータを提供するものとする。
  • パートナーの義務
    ・パートナーは、本サービスを活用し、お客様の集客、施術(サービスの提供、カスタマーサービス、アフターサービスおよび返品対応など)について一切のトラブルはパートナー単独で責任を負い、LMSは、これに一切の責任を負いません。
    ・パートナーは、本サービスに関して生じる可能性のあるお客様、パートナーからのいかなる請求(生命、身体もしくは財産に関する損害賠償請求などを含みますがこれに限りません。)についてもLMSを免責します。
  • パートナーによる知的財産権の使用許諾
    ・本サービス使用期間中、パートナーは、LMSに対し、パートナーの登録済みおよび未登録の知的財産権(以下「パートナー IP」といいます。)およびパートナーがLMSに提供する第三者の知的財産権(以下「第三者 IP」といいます。)(編集文章または画像を含みます。)を無償かつ 無期限かつ全世界で使用する非独占的・取消不能・譲渡可能・再許諾可能 な権利として許諾します。
  • 許諾した知的財産権に関するパートナーの保証パートナーは、自己がパートナー IP にかかるすべての権利を有すること、 第三者 IP を使用許諾する権利(LMSに対する再許諾の権利を含みます。)を有すること、またこれらの権利を許諾する権利を有することを保証します。
  • 価格と支払方法
    ・本契約の価格と支払方法は次の通りとします。
    ・1サイト(1つのドメイン)につき、0円(税別)とする。価格が変わる場合は、2ヶ月前に告知します。
  • 契約期間
    ・本規約の有効期間は、本サービス申込(メール送信)に対し、弊社が作成に取り掛かる事を持って、締結とします。
    ・パートナーもしくはLMSが停止を判断した場合に掲載を停止する。LMSの独自判断により掲載のみ継続する場合もあります。
  • 所有権と著作権
    ・本製作の所有権及び著作権について次の通りとします。
    ・本制作物の所有権及び著作権は、LMSがもつものとします。
    ・パートナーが本制作物の使用に関して、第三者から権利侵害等の理由に基づく苦情又は請求を受けた場合は、提出者はLMSに対し遅滞なくその旨を通知し、双方は、協議により必要且つ可能な対策を講ずるものとします。
  • 知的財産権の帰属
    ・知的財産権については次の通りとします。
    ・本制作物の制作過程において行なった考案等の著作権その他の権利を含む知的財産権と、本サービス活用時におけるすべての権利はLMSに帰属します。
    ・パートナーは、LMSを除く第三者の利用に対して、本制作物の複製、翻案等を行なってはならない。
    ・本サービスを通して得たお客様個人情報はLMSも所有権を持つものとする。LMSはパートーナーに告知なく活用する事ができます。
    ・パートナーは、本制作物に関する商品名又はサイト名に関する商標権登録のための出願をしてはならない。
  • 秘密保持について
    ・利用上取得した当店、本サービスに関与する店舗情報、顧客情報、業務上、技術上、その他一切の情報(個人情報を含む。)については秘密情報として扱うものとし、事前の書面による承諾なくこれらの情報を使用、公表若しくは第三者へ開示を禁止致します。
    ・本サービス利用解約後においても厳守をお願い致します。
  • 不可抗力について
    ・地震、台風、津波その他の天災地変、輸送機関の事故、不慮の事故や疾病その他の不可抗力により、当サービスの全部又は一部の履行の遅廷又は履行不能が生じた場合には、相互にその責任は負わないものとします。
  • 損害賠償について
    ・パートナーがLMSに損害を与えた場合、損害賠償を請求することがございます。尚、本書をもってパートナーは全額お支払いすることのお約束の証明とさせていただきます。
  • 契約の解除について
    ・LMSはパートナーの利用を次の場合に解除することがございます。
    ・利用不適切とLMSが判断した場合。
    ・利用規約に違反したとLMSが判断した場合。
    ・利用内容が法令または公序良俗に反するものが含まれる、もしくは含まれる可能性があると当店が判断した場合。
    ・自らの責めに帰すべき事由によって利用解除された事項により当店に損害が発生した場合。
    ・契約解除を通達した場合、解除理由をお伝えできない場合もあります。
  • 競業避止義務について
    ・本サービス利用期間中、LMSへ事前の書面による承諾なく同種もしくは類似の事業を行うことを禁じます。尚、第三者を通して行わせてもいけません。また、本サービスと同種もしくは類似のフランチャイズ事業に参加することも禁じます。
    ・上記は、本サービス利用解約後2年間厳守とします。
  • 守秘義務について
    ・LMSより事前の書面による承諾ない限り本サービスおよびLMSの運営に関して、またLMSより提供を受けた営業用の秘密及びノウハウを直接的及び間接的を問わず、いかなる第三者に対しても開示してはならず、当店の利用時以外では使用してはいけません。
    ・利用上知り得たLMS、当店の戦略、研修内容、理論、技術内容、表現に関して本サービスに類似するものを連想させるもの、また個人情報、社内情報等の密事項、及び顧客、又は家族の情報に関しては厳重に取扱い、これを使用、利用、活用、また第三者に対して開示また漏洩を固く禁じます。
  • 「LMS」「サロンオーナー」標章等の使用許諾について
    ・「LMS」「サロンオーナー」標章等は、LMS指示に基づいて、当店舗利用における運営の目的にのみ使用し、それ以外の目的のために使用することを禁じます。
    ・LMSからの事前の書面による承諾のない限り、「LMS」「サロンオーナー」標章等と同一もしくは類似する商号、商標、サービスマークをいかなる国家または地域においても自己のものとして登記または登録してはいけません。
  • 利用ルールの徹底
    ・利用規約、その他ルールを厳守ください。違反1回があった場合、翌日より利用停止となります。
    ・利用停止後の各サービス料金については、利用停止日が解約希望日として、通常の解約ルール適応となります。
  • 下記について相違がないことを確約ください。
    ・パートナーがLMSに提供する全てのデータおよび情報ならびにパートナーによるあらゆる行為がすべての適用法令を遵守し、いかなるガイドライン、基準および関連する行動規範にも従うものであること。
    ・宗教活動又は政治活動を活動目的としていません。
    ・暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団をいう。)又はそれらの利益となる活動を行う者ではありません。
    ・パートナー(役員、従業員、株主その他の関係者を含む)が、i) 反社会的勢力(暴力団、あるいは暴力団に関係する組織を含むがこれに限らない) でないこと、ii) 反社会的勢力の一員とはならないこと、iii いかなる手法 であっても反社会的勢力と関係をもたないこと、iv) 反社会的勢力に対し て資金提供あるいはその他の利益供与をしないこと、v) 反社会的勢力を いかなる目的にも利用しないこと、vi) 暴力・脅迫その他非合理的な方法 をもちいないこと。